【 受付開始 】 peach workshop 「 THE FRP 」 のご案内

2017年10月15日 09:00

この度、ファンクショナルローラーピラティス マスタートレーナー、(社)日本ヘルスファウンデーション協会理事、Body make studio「Skywalk」(兵庫県神戸市) の上島 正光 氏(理学療法士)に「 ファンクショナルローラーピラティスの基礎 」をテーマに、導入編としてご教授頂きます。
ファンクショナルローラーピラティスとは、フォームローラーを使用したピラティスになります。
今回のワークショップでは、ピラティスの原理・原則を医療の側面から理解し、代表的なエクササイズを実際に自分の体で行いながら、身体の変化を感じていただきます。
全くピラティスをしたことがないという方も大歓迎です。
まずは自分で動くことで、身体に大きな変化を作ることができることを体感してみてください。
治療の引き出しを増やす一助にして頂ければと思います。

ファンクショナルローラーピラティスのワークショップは九州初上陸となります。
是非、この機会にご参加下さい。
つきましては、分野を問わず、皆様のたくさんのご参加をお待ちしております。



【 テーマ 】

講義・実技

『 姿勢・歩行を変えるセラピストのためのファンクショナルローラーピラティス 』


《 内容 》
クライアントの身体状態を変化させることがセラピストの役割ですが、その手法は数多くあります。
なかでも徒手療法を利用してアプローチすることが得意なものの、運動療法は苦手といった声を多く聞きます。
しかしながら、クライアントが自分で動くことで快適な身体を手に入れることを経験したとき、クライアントの行動は大きく変わります。
クライアント自ら進んでエクササイズを行い、治療アプローチが大きく進むきっかけとなります。
ピラティスは、ボディワークのひとつに分類されており、身体へのダイレクトなアプローチを通じて、心身の変容をもたらすメソッドです。
海外では医療分野でも積極的に取り入れられるようになり、近年では日本でも少しずつ浸透してきました。
ピラティスのもっとも良い点は、『ヒトとしての基本機能を作り上げる』 エクササイズを長い歴史のなかで自然と選択できたところです。
ピラティスは『抗重力伸展活動』 を基本とし、そこから『効率的でしなやかな動き』を習得するエクササイズが多く揃っています。
しかしながら、開祖であるジョセフピラティスは医療従事者ではなかったため、原理原則やエクササイズに医療的解説がありません。
そこに、解剖学・運動学的な理解を取り入れたものが、ファンクショナル ローラーピラティスです。
今回のワークショップでは、ファンクショナルローラーピラティス(FRP)という手法を用いながら、
その原理原則から、治療への応用までを実技を通して体感してもらいます。
セラピスト自身も、自分の身体がピラティスを通じて大きく変わるとき、運動療法を用いた治療展開も大きな変化を見せると思います。
普段から運動指導を行ったことがないという方も、まったく問題ありません。
是非とも、治療のため、自身の身体のためにピラティスという手法を知っていただきたいと思います。



【 日程 】

2017年 
10月15日(日) 
 講義  9:00~12:00(受付8:30)
 実技 13:00〜17:00(受付12:45)




【 講師 】

上島 正光 

ファンクショナルローラーピラティス マスタートレーナー   
(社)日本ヘルスファウンデーション協会理事
Body make studio「Skywalk」(兵庫県神戸市)  
理学療法士
保健学修士  
医療系学術団体One plus+代表
[【 受付開始 】 peach workshop 「 THE FRP 」 のご案内]の続きを読む

【 延期!受付停止 】 peach workshop 「 THE ADL 」 のご案内

2017年09月16日 09:00

時下ますますのご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、公立学校共済組合 九州中央病院(福岡県福岡市)の吉村恵三氏(理学療法士)に「 運動制御と運動学習理論をリハビリテーションにどのように活かしていくか 」をテーマに、ご教授頂きます。
運動制御、運動学習はセラピストにとって基本であり、永遠の課題であります。
吉村氏は、それら理論を臨床に還元し、原理原則に基づき的確にアプローチされているセラピストです。
また、時事トピックスを用い、運動制御、運動学習理論を非常にわかりやすく説明して下さいます。
若手セラピストの方々に、是非お話して頂きたい講師のお一人です。
また、ベテランのセラピストの方々は吉村氏のお話から新たな治療視点が生まれると思います。
この機会に、是非、ご参加下さい。
つきましては、分野を問わず、皆様のたくさんのご参加をお待ちしております。



【 テーマ 】

講義・実技

『 運動制御と運動学習理論に基づいた起居移動動作、歩行に対する治療展開 』


《 内容 》
起居移動動作障害の治療戦略を考える上で、諸問題をどのように解釈し、段階付け治療を行っていくか、皆様悩まれることではないでしょうか?
運動制御理論に基づき、病態を整理することで、治療の段階付けを考えやすくなります。
また、リハビリテーションは ” 運動学習 ” を基本原理としていますが、効率よく学習させる為には、その学習理論に基づいて治療にあたることが大切です。
リハビリテーションを生業とするセラピストとして、知っておくべき基本的な知識です。
今回の講習会では、運動学習理論(Motor Learning)と運動制御理論(Motor Control)の観点から諸問題を解釈する理論の紹介を行い、またその評価や治療方法をご紹介致します。





【 日程 】

2017年 
9月17日(日) (受付8:30)
 講義  9:00~12:00
 実技 13:00〜17:00




【 講師 】

吉村 恵三 

日本PNF初級インストラクター
三学会合同呼吸療法認定士
専門理学療法士(神経) 
認定理学療法士(脳卒中)
理学療法士
公立学校共済組合 九州中央病院
[【 延期!受付停止 】 peach workshop 「 THE ADL 」 のご案内]の続きを読む

【 定員御礼!キャンセル待ち受付中 】 peach workshop 「 THE 筋膜コース(全3回) 」のご案内

2017年08月19日 15:00

この度、うらた整形外科クリニック(福岡県福岡市)、深部組織筋膜〈DTMR〉プラクティショナー協会理事 の 高木 庸平 氏(理学療法士) に 「 筋膜リリース 」 をテーマにご教授頂くこととなりました。
昨年までも、部位別に筋膜リリーステクニックをご教授頂きましたが、より体系的に理解を深め、患者様、クライアントの方々に還元して頂きたく、今回、初のコース開催の運びとなりました。
第1回(講義)は「 筋膜、筋膜リリースの概要 」、第2回(実技中心)は「 上肢(上腕・前腕・手・肩甲帯含む体幹) 」、第3回(実技中心)は「 下肢(大腿・下腿・足・骨盤帯含む体幹) 」 とより理解と技術が深まる内容となっております。
また、今回は実際のアプローチからセルフケアの方法までご教授頂きます。
是非、この機会に、筋膜リリーステクニックを体系的に習得しませんか?
つきましては、分野を問わず、皆様方のたくさんのご参加をお待ちしております。




【 テーマ 】

講義・実技

『 深部組織筋膜リリースの臨床応用  ~推論形成からセルフケア指導~ 』(全3回)


アブストラクト

近年、基礎研究の進歩から筋膜の人体への影響が明らかとなり、臨床上よく遭遇する拘縮の原因の1つとして筋膜の癒着や滑走不全が挙げられます。
セラピストが患者さんに関わっていく中で、いかに主体的にセルフケアに取り組んで頂くかが大切になっている中で、固有受容器に富んだ筋膜に働きかける必要性があります。
そこで今回は、セルフ筋膜リリースの実践として概要(触診・注意点)、上肢(上腕・前腕・手・肩甲帯含む体幹)、下肢コース(大腿・下腿・足部・骨盤帯含む体幹)の3回構成とし、皆様の臨床に筋膜リリースを効果的に取り入れて頂くように、介入方法、疼痛マネジメント、セルフケア指導をクリニカルリーズニングを交えながら進めていきます。



【 日程 】

2017年

第1回 講義(筋膜・筋膜リリース概要) 
 8月19日(土) 15:00~18:00 (受付14:30) → 18:00~20:45 (受付17:30)

第2回 実技;上肢(上腕・前腕・手・肩甲帯含む体幹) 
 10月22日(日) 9:00〜16:00

第3回 実技;下肢(大腿・下腿・足部・骨盤帯含む体幹) 
 11月19日(日) 9:00〜16:00




【 講師 】

高木 庸平 
( 深部組織筋膜リリース(DTMR)協会 理事 / うらた整形外科クリニック / 理学療法士 )
[【 定員御礼!キャンセル待ち受付中 】 peach workshop 「 THE 筋膜コース(全3回) 」のご案内]の続きを読む

【 受付終了 】 peach workshop 「 THE 歩行障害 」 のご案内

2017年07月22日 15:00

時下ますますのご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、上賀茂神経リハビリテーション教育研究センターKNERCセンター長(京都府京都市)、ボバース国際認定インストラクター  の 小野 剛 氏(作業療法士) に 「 歩行障害 」 をテーマに、実技を中心にご指導頂くこととなりました。
ボバース概念に基づくリハビリテーションにおいて、「 歩行 」をどのように捉えるのか、またどのように治療介入するのか、脳卒中片麻痺患者の機能改善のために必要な知識・技術を学んで頂こうと思います。
以前、当会で開催した小野氏の実技指導は、大変わかりやすく、参加者からとても好評でした。
是非、この機会に、小野氏の臨床感に触れてみて下さい。
明日からの臨床が変わると思います。
つきましては、分野を問わず、皆様方のたくさんのご参加をお待ちしております。



【 テーマ 】

実技中心

『 脳卒中片麻痺者の歩行障害に対するボバースアプローチ  』





【 日程 】

2017年
両日実技中心 
7月22日(土)15:00~19:00 (受付14:30) 23日(日)9:00〜16:00(受付8:30、昼休憩1時間)




【 講師 】

小野 剛 
( ボバース国際認定インストラクター / 作業療法士 / 上賀茂神経リハビリテーション教育研究センターKNERCセンター長 )
[【 受付終了 】 peach workshop 「 THE 歩行障害 」 のご案内]の続きを読む

【 受付終了 】 peach workshop 「 THE 筋膜 5 (足部) 」のご案内

2017年01月15日 09:00

時下ますますのご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、うらた整形外科クリニック(福岡県福岡市)、深部組織筋膜〈DTMR〉プラクティショナー協会理事 の 高木 庸平 氏(理学療法士) に 「 足部 の筋膜リリース 」 をテーマに、実技を中心にご指導頂くこととなりました。
昨年も足部をテーマに開催したのですが、大変好評で皆様からたくさんのご要望があり、再開催の運びとなりました。
足部は姿勢、運動制御の重要な部位となります。
足部の身体環境を整えることのできる筋膜リリーステクニックを是非この機会に習得して頂ければと思います。
つきましては、分野を問わず、皆様方のたくさんのご参加をお待ちしております。




【 テーマ 】

実技中心

『 足部の深部組織筋膜リリースの実践 Transmission 』


主な内容
●足部筋膜リリースのデモンストレーション      
●足部筋膜の機能解剖と役割
●足部筋膜と立位・歩行における繋がり       
●実技(交換セッション)
●好転反応・禁忌




【 日程 】

2017年
1月15日(日) 実技中心  9:00~16:00 (受付8:30)



【 講師 】

高木 庸平 
( 深部組織筋膜リリース(DTMR)協会 理事 / うらた整形外科クリニック / 理学療法士 )
[【 受付終了 】 peach workshop 「 THE 筋膜 5 (足部) 」のご案内]の続きを読む

【 受付終了 】 peach workshop 「 THE 筋膜 4 (骨盤帯) 」のご案内

2016年09月25日 09:00

時下ますますのご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、うらた整形外科クリニック(福岡県福岡市),深部組織筋膜〈DTMR〉プラクティショナー協会理事 の 高木 庸平 氏(理学療法士) に 「 体幹(骨盤帯)の筋膜リリース 」 をテーマに、実技を中心にご指導頂くこととなりました。
体幹を分別し、今回は骨盤帯に注目し、筋膜リリーステクニックを学べる内容となっております。
また、骨盤帯は上半身と下半身を繋ぐ部位でもあり、テクニックと同時に、運動における骨盤帯の重要性も深めて頂ければと思います。
この機会に是非,臨床の疑問を講師にご相談下さい。
つきましては、分野を問わず、皆様方のたくさんのご参加をお待ちしております。




【 テーマ 】

実技中心

『 筋膜リリースの臨床応用 ~骨盤帯 からだの要石~ 』


主な内容
◆骨盤の開閉サイクルと文化的背景        
◆骨盤帯の筋膜解剖と触診
◆骨盤の歪みと筋膜の癒着
◆テンセグリティとアセスメント
◆骨盤帯の深部組織筋膜リリース実技
◆禁忌・好転反応について




【 日程 】

2016年
9月25日(日) 実技中心  9:00~16:00 (受付8:30)



【 講師 】

高木 庸平 
( 深部組織筋膜リリース(DTMR)協会 理事 / うらた整形外科クリニック / 理学療法士 )
[【 受付終了 】 peach workshop 「 THE 筋膜 4 (骨盤帯) 」のご案内]の続きを読む

他勉強会のご案内

2016年09月18日 10:00

日 時:
平成28年9月18日(日) 10:00~16:00予定

内 容:
スポーツ外傷・障害に対する術後のリハビリテーションセミナー

講 師:
勝木 秀治 先生(関東労災病院中央リハビリテーション部主任理学療法士)
今屋 健 先生(関東労災病院中央リハビリテーション部主任理学療法士)
園部 俊晴 先生(関東労災病院中央リハビリテーション部主任理学療法士)

会 場:
麻生リハビリテーション大学校 (福岡市)

参 加 費:
4500円

申込・詳細:
http://motion-medical.co.jp/?pid=101685819

【 受付終了 】 peach workshop 「 THE 触察 6 (足関節・足部) 」のご案内

2016年05月15日 09:00

この度、副島整形外科病院(佐賀県武雄市)の 溝田 丈士 氏(理学療法士) に 「 足関節周囲の触察 」 をテーマに、実技を中心にご指導頂くこととなりました。
足は唯一地面と接しており、運動や感覚の入力に関わる重要な部位です。
各専門領域においても、正確な触察技術が求められ、その技術が正確な評価、また治療結果へと繋がります。
臨床で必須の技術となります。
部位別に例年開催しておりますが、一部位を正確に触察するには、とても時間の要する過程となります。
今回も少人数制で、講師に時間をかけて丁寧にご指導頂く予定です(人数が多い場合、アシスタントが入ります)。
若手の方々は基礎からの学習、ベテランの方々は復習として、是非ご参加下さい。
つきましては、分野を問わず、皆様方のたくさんのご参加をお待ちしております。


講師コメント

『 足関節・足部は様々な機能を有するため、当該部位の疾患・外傷はもちろん、他関節疾患でも、評価・治療の多い部位である.今回は、【様々な機能】の根底にある【形態】(骨・腱・靱帯・筋)について講義し、それらの組織が、【体表上どこに位置するのか?】や、【臨床での触り方のポイント】を実技中心にご紹介させて頂く. 』



【 テーマ 】

実技中心

『 足関節・足部疾患を診る上で必要な解剖学的知識と触察 』




【 日程 】

2016年

5月15日(日)   9:00~16:00 (受付8:30)




【 講師 】

溝田 丈士 
( 体表解剖学研究会 触察インストラクター / 副島整形外科病院 リハビリテーション科科長 / 理学療法士 )
[【 受付終了 】 peach workshop 「 THE 触察 6 (足関節・足部) 」のご案内]の続きを読む

他講演会のご案内

2016年03月23日 09:18

遊志家 今林伸司講演会開催!!


タイトル:なぜあの人は毎日を楽しく幸せに生きられるのか!?

日時:4月30日(土)14:00開場 14:30~17:30

顧客・友人・家族など自分の身近な人々の笑顔を出し続けている男”今林伸司”。
失敗をマイナスと捉えない視点やTRY&ERROR MINDから人生を楽しむ考え方
など一度は触れて頂きたい人間です。皆様の今を変える時間がここにあります!
是非友人・ご家族をお誘い合わせの上ご参加ください。

場所:熊本保健科学大学

参加費:2000円(ペア1500円 トリプル1000円)

講演者:今林伸司(株式会社 TRIH JAPAN 代表取締役、WALK RUN PROJECT店長)

申し込み、お問い合わせ:   http://trih.p2.weblife.me/trail.html


講演内容
現代の生活において、人はそれぞれ悩みやストレスがあるものです。
仕事の悩み、家庭の悩み、パートナーとの悩み、将来の悩み等々多くの悩みやストレスで毎日苦しんでいる方も多いかと思います。
しかし、その悩みやストレスがありながらも苦しい様子は全く見せず、楽しくハツラツと毎日を過ごしている人もいます。その違いはどこになるのでしょうか?
”もともと元気な性格だから”あの人は成功している人だから”と思っている方もいるといるかと思いますが、本当にそう
なのでしょうか?
リーダーや経営者の方がストレスや悩みも圧倒的に多いとも言われています。
ではなぜ人生を楽しそうに過ごせているのでしょうか?
その答えは物事に対する『捉え方』『考え方』の違いにあります。
ネガティブな言動はネガティブな『捉え方』『考え方』を作り出し、その思考が体の動きを作り
出してしまうという”負のスパイラル”に入り込んでしまうことになります。
ちょっとした『捉え方』『考え方』を変えるだけで人生は大きく変わるのです。
その『捉え方』『考え方』を変えるために必要なこと何なのか?
少しずつでも自分を変えていくことができればきっと素敵な人生に変わっていくでしょう。
皆様も小さな変化を起こし、未来の大きな変化に向けて準備を始めませんか?
皆様が少しでも元気になり、楽しく人生を進めるようになるための変化を起こせれば幸いです。
皆様のご参加お待ちいたしております。

他研修会のご案内

2016年01月12日 09:45

what's



最近の記事