FC2ブログ

【受付中】 peach workshop 「 腰椎・骨盤帯痛に対する理学療法 」のご案内

2020年02月16日 09:00

この度、多々良先生をお招き、workshop 「 腰椎・骨盤帯痛に対する理学療法 」を開催することとなりました。
内容としまして、疼痛発現部位の 推定、症状、動作戦略に基づく分類(classification)を紹介しながら、理学検査・治療の実践を中心に講演 をしていただきます。
実技では抽出した機能障害に対し、シンプルに徒手療法を行った結果を通して、自 身のたてた仮設が適切かどうか、仮設検証を行います。
また、該当する機能障害に対するセルフエクサ サイズの指導・実践によって対象者自身の身体が変化することを体験していただき、自ら身体状況を変 化させることができるという self-efficacy(自己効力感)の向上を促すための工夫についてもご紹介してい ます。
是非、臨床の場に活用してみませんか?皆様のご参加をお待ちしております。





【 テーマ 】
実技中心

『 腰椎・骨盤帯痛に対する理学療法 』






【 日程 】
2020年 2月 16日(日)

9:00〜16:00(昼休憩1時間)



【講師】
多々良 大輔 氏
[【受付中】 peach workshop 「 腰椎・骨盤帯痛に対する理学療法 」のご案内]の続きを読む

【 受付終了 】peach workshop 「 Preconception Care Course 」 のご案内

2019年11月16日 18:00

この度、佐賀市にある理学療法士の妊活サロン totell の 北川 慎也 先生に『 不妊で悩まれる方に対して医療から考えるPreconception Care(妊娠される前のケア) 』(①不妊で悩まれる方々への医学的根拠(エビデンス)に基づく理論、考え方 ②不妊治療への実技、セルフエクササイズ)をご教授して頂く運びとなりました。

昨年は「 不妊治療とセラピィ 」「妊活セラピィコース(全2回)」を開催し、今年5月に「便秘」というテーマで女性の健康、不妊治療にセラピストが関わるために、どのような知識が必要で、どのようなアプローチをするのかということを北川先生に講義と実技を行って頂きました。
妊活と便秘との関係性がいかにも重要であるかということを学び、不妊治療に対する新たな見解を学ぶことができました。

今回の講演に関しても、北川先生の「先が見えない妊活で不安になってる人とじっくり向き合い、妊娠しやすい体づくりの具体的な方向性を示して支援し、それぞれの家族が幸せになるためのサポートをしていきたい」との理念に感動し、不妊に対する新たな知識や情報、実技を取得することで更なる希望が見えてくると実感しました。
北川先生が現場で用いている理論、アプローチを2回コースで体系的に教えて頂きます。
セラピストの方々、妊活に対するアプローチをサポートしてみませんか?
きっと、お役に立てると思います。

ご参加お待ちしております。






【 テーマ 】

妊活セラピィコース(講義・実技)

『 不妊で悩まれる方に対して医療から考えるPreconception Care(妊娠される前のケア) 』


アブストラクト

日本の人口減少が軽微ながらも推移しています。
内閣府の試算では2050年になれば日本の人口は1億2500万人から8000万人に減少する事も試算されている中で、不妊症で悩む人は6人にひとりと言われています。
高度生殖医療の実施数は2014年は39万人、2017年には42万人と年々増加しながらも、その内、妊娠に成功している方は日本産科婦人科学会報告では7万人との報告をされています。
生殖医療は1回につき50万円の自費診療にも関わらず6人にひとりしか妊娠の判定(陽性反応)をもらえていない現状があります。
第71回日本産科婦人科学会でのシンポジウムにおいても「Preconception care」、「妊娠前のケア」が演題として取り上げられ多嚢胞性卵胞症候群に対して生活改善指導を加えたのみで治療成績が大きく向上した事が述べられています。
今後、生殖医療に関しても対処療法だけでなく、根本的な改善を図る方向性が模索されることを示唆しています。
その際に基礎的な医学の視点を持ち、且つ包括的な予防的なアプローチができる医療従事者の役割は決して少なくないと考えております。

今回は、1講目「不妊症に対する理論・考え方」2講目「不妊治療に対する実技・セルフエクササイズ」で行います。
4年間の活動において90名の妊娠判定(陽性反応)を頂いた知識、技術をお伝え致します。
是非、ご参加の程、お待ちしております。





【 日程 】

Preconception Care① 「 不妊症に対する理論・考え方 」
2019年 11月 16日{土)
18:00〜21:00

Preconception Care② 「 不妊治療に対する実技・セルフエクササイズ 」
2019年 12月 14日(土)
18:00〜21:00



【講師】

北川 慎也 氏

(妊活コンディショニングサロン totell(佐賀県佐賀市駅前中央1-2-28) オーナー https://totell2017.com
[【 受付終了 】peach workshop 「 Preconception Care Course 」 のご案内]の続きを読む

【受付中】 peach workshop 「 筋膜リリースコース 」

2019年10月20日 09:00

この度、医療法人うれしの 福田病院 ふくだクリニック(佐賀県嬉野市)、深部組織筋膜(DTMR)プラクティショナー協会理事の 高木 庸平 氏(理学療法士) に 「 筋膜リリース 」 をテーマにご教授頂くこととなりました。

高木氏の筋膜リリースコースは毎年大好評で、単回開催からコース開催の要望が高かったため、一昨年は全3回(概要・上肢・下肢)のコースを実施、昨年は体幹と顔面、頭、首のコースを加えた全5回コースを実施、今年度は各回に概要を加え、単発の方々も基礎知識を学べ、参加しやすい内容とし、またコース参加の方々は復習できる内容としました。

コースとして参加では全身の筋膜リリーステクニックを習熟でき、単発でも各部位の筋膜リリーステクニックを習得することができます。
筋膜リリーステクニックは、リラクセーションや可動域制限の改善に効果が高く、筋出力、姿勢・運動制御にも好影響します。
臨床にて、治療に非常に有効な手段のひとつです。

筋膜リリースを基礎から体系的に学びたい、各部位の筋膜リリーステクニックを身に付けたい、臨床で治療結果を出したい方々に是非参加してほしいと考えております。

少人数で行ないますので、疑問に思った点や、筋膜の触れ方、リリーステクニックのコツなど講師とコミュニケーションを取りながら受講できます。
つきましては、分野を問わず、たくさんの方のご参加をお待ちしております。





【 テーマ 】

実技中心

『 クリニカルリーズニングに基づくセルフ筋膜リリースの実践 』


アブストラクト

近年、基礎研究の進歩から筋膜の人体への影響が明らかとなり、臨床上よく遭遇する癒着や拘縮の原因の1つとして筋膜の癒着や滑走不全が挙げられます。
セラピストが患者さんに関わっていく中で、いかに主体的にセルフケアに取り組んで頂くかが大切になっている中で、筋筋膜のつながりの理解、運動、動作時の固有受容器に富んだ筋膜に対して効果的に働きかける必要があると思います。
そこで今回は、深筋膜を狙ったセルフ筋膜リリースの実践として①上肢コース(上腕、前腕、手)、②下肢コース(大腿、下腿、足部)③体幹コース(上部、下部体幹)④頭、顔面、首コースの全身を通る構成とし、皆様の臨床に実践的に筋膜リリースを取り入れて頂けるよう、介入方法の提案、疼痛マネジメント、局所と全体を慮したセルフリリース指導をフレームワークを行いながら進めていきます。




【 日程 】

第1回 上肢コース(上腕、前腕、手)
2019年 6月9日(日) 9:00~16:00 

第2回 下肢コース(大腿、下腿、足部)
2019年 8月4日(日) 9:00~16:00

第3回 体幹コース(上部・下部体幹)
2019年10月20日(日) 9:00~16:00

第4回 頭、顔面、首コース
2020年1月19日(日) 9:00~16:00
 

全コース、または各回だけの受講も可能です。





【 講師 】

高木 庸平 氏
[【受付中】 peach workshop 「 筋膜リリースコース 」]の続きを読む

【終了】 peach workshop 「呼吸運動を診る 新指標の活用!」のご案内

2019年09月21日 09:30

この度、国際医療福祉大学福岡保健医療学部理学療法学科 准教授の 金子 秀雄 先生に「 呼吸運動を診る 新指標の活用  」をテーマにご教授頂くこととなりました。金子先生の講義は、今回が待望の第1弾となります。
近年、呼吸器疾患などの内部障害を有する対象者は年々増加してきており、それらへの対応は避けて通れないものとなっています。
呼吸運動を評価する際、臨床ではテープメジャーを用いて深呼吸に伴う胸腹部周径変化を測定することによって胸腹部可動性を評価することが多く、測定値を判断する明確な基準が存在せず、客観性に欠ける部分を感じる方も多いのではないでしょうか。
そこで、呼吸運動を簡便かつ客観的に評価するスケール及びに測定器を金子先生が開発されました。
医療に携わる多くの方々のご参加をお待ちしております。





【 テーマ 】
講義・実技

『 呼吸運動を診る 新指標の活用! 』


アブストラクト

呼吸は、生命維持だけでなく姿勢や運動を担う重要な要素の一つです。その原動力は呼吸筋であり、呼吸筋の働きによって呼吸運動が生じます。その運動を感じることで呼吸筋の働きを知ることができます。しかし、呼吸運動の大きさを感じることができても、その大きさを判断し記録に残すことは容易ではありません。そのためには呼吸運動の大きさを基準化し、標準化された測定方法の確立が求められます。
これを実現するために開発したのが「呼吸運動評価スケール」と「呼吸運動測定器(特許第5002736号)」です。このスケールの最大の特徴は、ペンサイズの「呼吸運動測定器」を用いて呼吸運動を-1~8の「呼吸運動評価スケール」で表し、呼吸運動の「異常性」や「効果」を簡便に客観的に判断できることです。
今回、「呼吸運動評価スケール」に関心のある人を対象に、①呼吸運動のメカニズム、②「呼吸運動評価スケール」の基礎とその応用について説明します。最後に、呼吸運動スケールの測定を実際に行います。呼吸運動測定器を入手して呼吸運動評価スケールを臨床現場で活用してみてください。




【 日程 】
2019年 9月 21日(土)

9時30分~12時30分(9時より受付開始)



【講師】
金子 秀雄 氏
(国際医療福祉大学福岡保健医療学部理学療法学科 准教授)
[【終了】 peach workshop 「呼吸運動を診る 新指標の活用!」のご案内]の続きを読む

【受付終了】 peach workshop 「  Women's  Health ① 」のご案内

2019年05月18日 18:30

この度、佐賀市にある理学療法士の妊活サロン totell の 北川 慎也 先生に「 Women's Health  」をテーマにご教授頂くこととなりました。
北川先生による講義は、2018年3月開催「不妊治療とセラピィ」、2018年10月・12月開催「妊活アプローチコース」続き、第3段となります。
今回は、女性特有の不調である「 便秘 」をテーマにご講義頂きます。
ダイエット、免疫、妊活といった様々な症状に影響を与える便秘…
女性では経験ある方が多いのではないでしょうか…?
妊活を専門にしている北川先生からの指南を是非、受けてみませんか?
女性の健康に関わりたい、興味がある方々、是非、ご参加ください。





【 テーマ 】
講義・実技

『 便秘についてセラピストができること 』


アブストラクト
平成25年厚労省の調査によると便秘の有病率は男性2.6%、女性4.9%と女性の比率が高い、加えて、疾病に関わる業務の上で他の疾患と同時に併病されている事に遭遇する事は少なくありません。
便秘に関しては器質性便秘と機能性便秘の分類があり、その内、形態的な問題が含まれていない機能性便秘に対して、セラピストとして出来る事を検証していく機会になります。
内臓の基本的な作用を確認しながら、その病態に対して、起こりうる因子を身体面、精神面から考え、その対応について簡単な実技を含めてお伝えしていきます。
女性の健康について関わりたい方に関しては、具体的な何かが出来る機会になると考えられます。皆様のお越しをお待ちしております。




【 日程 】
2019年 5月 18日(土)

18:30〜21:00



【講師】
北川 慎也 氏
[【受付終了】 peach workshop 「  Women's  Health ① 」のご案内]の続きを読む


最近の記事