スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

progress vol.24

2009年08月28日 21:00

peach

日時; 2009年8月28日(金) 21:00~
会場; 医療法人 永江医院 (柳川市)
テーマ; 「 ・・・・・ 」
担当; 鹿子木 清美 氏 (・・・/・・・)

とうとう2周年です
やっとここまできました!
まだまだ、これからです
節目にはいつも登場する、鹿子木氏!
楽しみですね~!

スポンサーサイト

peach workshop 『 THE INSOLE vol.2-vol.3 』 のご案内

2009年08月22日 18:00

 この度、吉田整形外科病院(愛知県豊田市)の主任理学療法士の 中宿伸哉 氏 をお招きし、足底挿板療法について、ご教授して頂く運びとなりました。
足底挿板を行う上で、基礎から講習を行って頂くこととなり、3部構成と致しました。
今回は、第2部・3部のご案内です。
2・3部は両部参加必須です。また、第1部講義・実技参加者は、2・3部への参加を優遇致します。)

中宿氏によるコメントです。

「コンセプトは、機能解剖をベースとした足底挿板です。アーチの構築学的破綻による機能障害を、個々の足根骨の動きを考慮して、その動きを誘導または抑制することにより、疼痛をコントロールします。したがって、どのような力学的負荷により疼痛が生じたのか、それを探るための理学所見を得ることが重要です。2部・3部では、実際に得られた理学所見と歩行時アライメントとの関連及び解釈と、足底挿板をどのように作成するかについて、実技を中心に講義致します。」

中宿氏の所属する整形外科リハビリテーション学会の先生方には、私も大変お世話になり、理学療法士に必要な解剖・生理・運動学・病態を非常に大切に考えている団体です。
最近では、「整形外科運動療法のナビゲーション」を出版され、その内容は非常に素晴らしいものです。
第2・3部では、実際に足底挿板は使用し、作成していきます。



【 テーマ 】

vol.2 実技・作成中心
『 足底挿板の作成① -歩行分析のポイントからの作製手順、回内足に対する足底挿板- 』

vol.3 実技・作成中心
『 足底挿板の作成② -回外足、下腿内旋誘導に対する足底挿板- 』




【 講師 】
 中宿 伸哉 氏
(吉田整形外科病院 主任理学療法士)
[peach workshop 『 THE INSOLE vol.2-vol.3 』 のご案内]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。