スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他勉強会のご案内

2013年02月23日 18:00

松下村塾勉強会
~膝関節特集(全3 回)~

厳しい寒さが続きますが、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度、「膝関節特集」と題しまして勉強会の企画を行いましたのでご連絡させて頂きます。
今回は、福岡和仁会病院・理学療法士の佐藤孝二先生をお招きして、全三回の講演を予定しています。
[他勉強会のご案内]の続きを読む
スポンサーサイト

revolve vol.26

2013年02月22日 21:00

peach.jpg

日時: 2013年2月22日(金) 21:00~
会場: くろだ整形クリニック
[revolve vol.26]の続きを読む

「リハビリテーションのための神経生物学入門」のご紹介

2013年02月04日 13:57

当勉強会にお越し頂いている森岡周先生の著書が出版されました。

リハビリテーションのための神経生物学入門」のご紹介


あとがき...
[「リハビリテーションのための神経生物学入門」のご紹介]の続きを読む

workshop 「 THE HIP 」のご案内

2013年02月02日 18:00

 この度、吉田整形外科病院(愛知県豊田市)で理学療法士をされております 中宿 伸哉氏に、「 股関節 」についてご教授頂くこととなりました。実技では、触診、治療技術に関する講習を具体的に行う予定です。患者様を治療する上で、PT・OTともに必要な知識・技術と思われます。この機会に是非、ご参加下さい。つきましては、皆様方のたくさんのご参加をお待ちしております。


中宿氏のコメント

「  股関節周辺部痛は、いわゆる変形性股関節症に起因する関節内病変が原因とは限りません。単純X線の確認では、明らかな骨病変が認められないのにもかかわらず、しばしば股関節痛を訴える症例を経験することも多いと思います。今回の講義では、変形性股関節症、FAI、スポーツ傷害による鼠径部痛を題材にしながら、理学所見や、補助的診断としてエコーなどの画像所見をもとに、運動療法の展開について講義致します。また、股関節周辺部痛を呈する病態として、腰椎疾患とも密接な関係があるため、鑑別を要します。特に鼠径部痛は、仙腸関節由来で生じる場合もあります。また、hip spine syndromeとして、股関節病変との関係も運動療法に考慮する必要があるため、腰椎および仙腸関節を中心に機能解剖、所見の取り方、運動療法も含めて講義致します。 」



【 テーマ 】
講義・実技 
『 股関節疾患と股関節周辺部痛に対する運動療法の考え方 』





【 日程 】
2013年
2月2日(土) 講義のみ 18:00~20:50 (受付17:30)
2月3日(日) 実技中心 9:00~13:00 (受付8:30)




【 講師 】
中宿 伸哉 
(吉田整形外科病院 主任理学療法士 科長/整形外科リハビリテーション学会 理事)
[workshop 「 THE HIP 」のご案内 ]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。