スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他勉強会のご案内

2014年11月01日 13:00

研修会の御案内

ボバース概念に基づいた脳卒中片麻痺者の治療の考え方
〜歩行と上肢機能の改善に必要な姿勢コントロールを考える〜

Course-Instructor:小野 剛 先生(作業療法士・ボバース国際インストラクター)
Co-Instructor:前田 昭宏 先生(青雲会病院 理学療法士・ボバース国際インストラクター)


謹啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
この度、ボバース国際インストラクターとしてセラピスト育成や講習会等で活躍されている 小野 剛 先生をお招
きして、3 日間(20 時間)の研修会を開催いたします。
内容と致しましては、歩行と上肢のリーチ機能の改善に必要な姿勢コントロールについて学びます。
特にそれらに共通する要素として「安定性と運動性の関係」について掘り下げて考えます。
さらに受講生の皆様には、実際の片麻痺者の方の治療実習を経験して頂き、より深く姿勢コントロールについて理解して頂こうと考えております。
この機会に、患者さんの治療で考えなければいけない姿勢制御の評価の仕方を皆さんで学びませんか?
ご多忙の折ではございますが、皆様のご参加をお待ちしております。


期 日:2014(平成26)年
11 月 1 日(土)13:00~19:00(受付12:30~)
11 月 2 日(日) 9:00~18:00
11 月 3 日(月) 9:00~16:00

*治療実習で実際に患者さんの治療を行いながら実技・指導をグループにて行います。
*1 日 19:30 より懇親会を予定しておりますのでご参加の程よろしくお願い致します。

会 場:
青雲会病院 3F リハビリテーション室

内容:
講義・実技・治療実習・デモンストレーション

対象:
PT・OT・ST(脳卒中片麻痺者を主たる治療対象とした経験がある PT,OT,ST)
受講費:
20,000円

申込締切日:
2014 年 9 月30 日必着

用意するもの:
実技練習が可能な服装(半袖短パン) 白衣もしくはユニフォーム(治療実習で患者さんの治療がありますので必ずご用意くださいますようお願い致します。)

*昼食時にグループディスカッションを予定しておりますので必ず昼食のご用意をお願い致しま
す。なお、ご希望の方には、お弁当を1食500円程度にて,ご用意させていただきます。

申込方法:
以下の事項をご記入の上、当院へメールにて申込み下さい。

青雲会病院 リハビリテーション部 メールアドレス seiun-reha★hotmail.co.jp (★を@に変換して下さい)
①氏名(フリガナ)
②勤務先名
③勤務先住所(郵便番号)
④電話番号
⑤メールアドレス
⑥職種
⑦経験年数
⑧インフォメーション、イントロダクトリーなどボバース関係の講習会受講回数
⑨3週間基礎講習会の経験
⑩上級講習会の経験
⑪受講理由
⑫弁当の注文の有無
⑬懇親会の参加の可否(姶良市内にて 3000 円程度で行う予定です。)

※申し込みはすべてメールにて受付いたします.
10月4日までに参加の可否をご返信致します。
事前の資料配布等がありますので、PC メールアドレスにてお申し込み頂きますよう、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い致します。
なお、10月4日までに、こちらからの返信がない場合は、お手数ですが下記、青雲会病院まで連絡をお願い致します。


問合わせ先:
〒899-5431 鹿児島県姶良市西餅田 3011
医療法人青雲会 青雲会病院 リハビリテーション部 担当 中迫・上篭
FAX0995-66-3618 TEL0995-66-3080


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://peachrehai.blog19.fc2.com/tb.php/199-4f1957d4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。